りょう@虎党

主に阪神タイガースの試合情報、
気になる情報、面白ネタを掲載しています。
たまに阪神以外のものも載せますが、
ぜひご覧ください。

    カテゴリ: 侍ジャパン


    怪我だけしないでね

    1 Egg ★ :2022/02/16(水) 20:23:44.15

    NPBエンタープライズは16日、3月5日、6日に予定していた野球日本代表の強化試合「ENEOS侍ジャパンシリーズ2022 日本対チャイニーズ・タイペイ」の中止を発表しました。

    新型コロナウイルス・オミクロン株の感染拡大を受け、話し合いを重ねた結果、開催中止が決定したということです。

    初陣が中止となった侍ジャパンの栗山英樹監督は「新生・侍ジャパンの新たな挑戦を、多くの野球ファンの皆様にお見せすることができず、大変残念な気持ちです。しかし、次回WBCでの世界一奪還という目標は変わりません。前向きに準備を進めて参ります」とコメントを発表しました。

    今回は中止となったものの、この強化試合は今後の実現を目指し、調整を続けていくということです。
     
    2/16(水) 20:02
    https://news.yahoo.co.jp/articles/86d768241eacf387a57f2ee28e2e389fbc0f0132


    【【侍ジャパン】チャイニーズタイペイ戦中止を受けて 栗山監督「世界一奪還の目標は変わらない」】の続きを読む


    こりゃ残念

    1 ARANCIO-NERO ★ :2022/02/16(水) 08:03:11.15

    日本代表「侍ジャパン」が3月5、6日に予定していた台湾代表との強化試合(東京ドーム)が中止となることが15日、分かった。近日中に発表される予定で、昨年12月に就任した栗山英樹監督(60)の初陣は11月になる見込みだ。

    新型コロナウイルスの感染再拡大で、台湾代表の日本入国が困難なことから、既に台湾メディアは試合延期の可能性を報じていた。プロ野球の斉藤惇コミッショナー(82)も11日に「できたらやりたいですけど、それはちょっと条件次第ですね」と実施を望んでいたが、来日できた場合でも隔離期間があるなど、試合実施へのハードルは高く、苦渋の決断となった。

    来年3月開催予定の第5回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で目指すのは3大会ぶりの世界一。試金石となるはずだった台湾戦では、〝栗山色〟満載の若手メンバーがリストアップされていた。

    今秋のドラフト注目選手で投打二刀流の日体大・矢沢宏太投手と大型二塁手の立大・山田健太内野手(ともに3年)だ。トップチームに大学生が選出されれば、2013年11月に行われた強化試合の大瀬良(九州共立大、現広島)、岡(明大、現ロッテ)以来の〝快挙〟だった。他にも阪神・佐藤輝、ロッテ・佐々木朗らが最終候補に入っていた。将来の日本球界を背負うフレッシュなメンバーがそろう可能性があっただけに、ファンにとっても残念な中止となる。

    サンスポ
    https://news.yahoo.co.jp/articles/a35192879fb258b9d248fc5161c71bb014672633


    【新型コロナの影響で侍ジャパンとチャイニーズタイペイの強化試合が中止に・・・】の続きを読む


    阪神からもお願い

    1 Egg ★ :2022/02/02(水) 22:10:21.58

    ◆ コロナ禍を考慮しメンバー選考へ

     野球日本代表「侍ジャパン」の栗山英樹監督が2日、視察に訪れた宮崎市内のオリックスのキャンプ地で代表取材に応じ、3月にチャイニーズ・タイペイと対戦する「ENEOS 侍ジャパンシリーズ2022」(3月5~6日、東京ドーム)について、コロナ禍を考慮して「体が元気で、準備に無理のない若い選手がいいのかなと思う」と、若手選手中心に編成することを示唆した。

     栗山監督は、「僕が日本ハムの監督になった時、中嶋聡監督や福良淳一GMに非常にお世話になり、古巣に帰って来たよう」と、笑顔で中嶋監督らと歓談。ブルペンでドラフト1位ルーキー・椋木蓮(東北福祉大)の投球などを視察した。


     視察後、栗山監督は「年末からメンバーをいろんな球団にお願いをしているが、この状況で一度、真っ白にして体調面などを考え、現場に迷惑をかけないようにしたい」と切り出し、「体が元気で準備に無理のない若い選手がいいのかなと思う」と語った。

     さらに、「侍の使命は、一人でもいい選手で大きな成果につなげることだ。が、いろんなことを考えた時、僕のやりたいことより、もう一度考え直した方がいいと、1月終盤から思っている。現場の監督さんの苦しさは分かるし、現場の監督ならすごく気になるので、そういう考えでやっていきたい」と続けた。

     侍ジャパンの本当の勝負になるのは、2023年3月に予定されている第5回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)。「何年かかけてチームを熟成させる時間はないので、3月に一度でもやっておいた方がいいと思うが、実績がありずっと試合に出ていた選手は、秋に向かっていった方がいいかなと思う」とも語り、実力が把握できている選手についてはWBCに照準を当ててもらい、今回は招集を見送る方針を固めたとみられる。

     栗山監督は、東京五輪の野球で金メダル獲得に貢献した山本由伸とも対面。「僕がどうのこうのという問題(の選手)じゃない。昨年あれだけ投げても、楽しそうに投げている。そういう人たちが日本の野球を背負ってくれている。楽しみにしている」と、指揮官としてともに戦えることを喜んだ。また、コロナ禍で現在、キャンプ不参加の宮城大弥や紅林弘太郎についても「これから何年かしたら、球界のど真ん中にいる選手。順調に伸びてほしい」と、さらなる成長を期待した。

     山本は「世界一になりましょう、のような話をした」といい、栗山監督の印象について「イメージは、いい人。10年も(日本ハムの)監督をされた方だが、人間面的なものもあって出来るもの。本当にすごくいい方なんだろうなと、伝わってきた」。代表入りについても「代表選手のみなさんとやると楽しいし、いい経験になる。行って成長できるところがたくさんあるので、選ばれたい」と語った。

    2022年2月2日 19時31分
    https://news.livedoor.com/lite/article_detail/21612853/


    【【侍ジャパン】栗山監督 3月のチャイニーズタイペイ戦は若手招集を示唆?】の続きを読む


    ドリームチーム

    1 神様仏様名無し様 :2021/09/19(日) 01:12:55.49

    歴代ベストナインスレはたくさんあるし、だいたい同じ選手になり議論にならない。

    一軍登録できる選手数のうち、実際に試合に出場できるのは試合前に指名された最大25名である。
    なので、このスレでは歴代25名(ベスト25)を選んでみたい。


    【OB現役含め、歴代最強の侍ジャパンを作るとしたら・・・・・・・】の続きを読む


    さすが日本

    1 右大臣・大ちゃん之弼 ★ Let it be です :2022/01/22(土) 00:21:43.88

    世界野球ソフトボール連盟(WBSC)は21日、21年度末時点での世界野球ランキングを発表し、日本男子は3752点で1位を維持した。2位は台湾が浮上し、韓国が3位に落ちた。このランキングは、U12からトップレベルまで代表チームが過去4年間のWBSC公認国際大会で残した成績から順位付けされる。

    4位はメキシコ、5位は米国、6位ベネズエラ、7位ドミニカ共和国、8位オランダ、9位キューバ、10位オーストラリア。

    日本は女子も1位。

    日刊スポーツ [2022年1月21日14時16分]
    https://www.nikkansports.com/m/baseball/news/202201210000350_m.html?mode=all


    【【侍ジャパン】世界ランキング 日本が1位、2位は台湾、3位韓国と上位はアジア勢が占める】の続きを読む

    このページのトップヘ