りょう@虎党

主に阪神タイガースの試合情報、
気になる情報、面白ネタを掲載しています。
たまに阪神以外のものも載せますが、
ぜひご覧ください。


    頼むぞ

    1 首都圏の虎 ★ :2022/11/17(木) 07:27:10.59ID:hUqALrHV9
     阪神岡田彰布監督(64)が16日、中野拓夢内野手(26)に「打率3割指令」を出した。

     今年リーグ3位の157安打を放った一方、打率2割7分6厘で3割には遠い。巨人V9監督の故川上哲治氏から授かった「3打数1安打1四球」理論を持ち出し、打率アップを求めた。

     岡田監督の一問一答は以下の通り。

        ◇   ◇   ◇

     -佐藤輝のランチ特打の印象は

     「まあ、あんまりいいことないな(笑い)」

     -時間がかかる感じか

     「いやいや、そら時間かかるよ。そんなんおまえ、1週間でそんなん」

     -自主トレが終わって、2月がどんな状態か

     「まあ、そやな。今までのスタイルがやっぱりな、ずっとやっていたスタイルがアレや、ああいう感じなんやな。だから、なあ、2年経ったわけやから、ずっとああいう感じやわな。あれでもっとそら、打てるかと言うたら俺はしんどいと思うよ。はっきり言うて。結果が出ていないわけやからな」

     -中野の打撃は

     「いや、中野はそんなん、そんな言うことないやんか。今のままでそらな」

     -出塁率という話もしていたが、そのあたりの考え方は

     「それは実戦になってからやんか。まあだから、四球とか言い出すと。今は実戦とかな、そんなんやってないから。初球から打って、そりゃヒット打てばええけど、確率の問題やわな。基本的にはストライク3つあるんやから、おーん。俺はそう思うけどな」

     -経験を積めばできてくる

     「いやだから、どうかなあ。3割目指す方を俺は言いたいな、はっきり言うて。どないしたら3割打てるか。最多安打やなしにな。最多安打狙っとって2割7分やろ? 結局。どっちか言うたら3割目指してほしいよな。ほんなら自分がどういう打ち方、おーん。俺なんか昔入った時にアレや、あの人に言われたわ、あの川上(哲治)さんか。“3打数1安打1四球で首位打者なれるよ”と言われたわ。そういうことやん、3割3分3厘で。そう考えるとなんか簡単なように思えるよな。そんな固め打ちとか、ヒット3本とかじゃなしにな。1試合に2回出塁になる、出塁率という意味ではな。どっかで4タコとかになったら、次ちょっと3打数2安打ぐらいになれば。そないして、そういう積み重ねが結局、終わったら3割になっているとかな」

     -そうなれば必然的に出塁率も3割5分を超える

     「そら、超えるやろうな。その発想で、打席に立ったらな」

     -中野の打力と足なら出塁率3割後半も

     「ああ、足速いもんな。だから内野安打でもええわけやんか。結局そういうことやからな。アイツなんか、あの足があったら、そら記録員も内野安打にするで。エラーを。ちょっとファンブルしたぐらいならな。そういう武器があるからな、中野なんかは」

     -実際に見て思った以上に速い

     「速い。足速いな、おーん。そんでちっちゃいな。ビックリした。俺はもっと大きいと思っていたから。ホンマに実際見たら小さいよな。でも体の力があるもんな、中野なんかは。独特の打ち方やもんな、アイツな。バーンといく打ち方やから、ちょっとみんなの打ち方と違うもんな。打てへんのかなと思ったらバットが出るタイプやな、アレな。ピッチャー泣かせや。ボール取りに行ったら打ってるアレやな。バットの出が早いよな、こっからな」

    全文はソースで
    https://news.yahoo.co.jp/articles/2b15761c7cd7a9f7840fb5c7860d27f07ebe44fa

    【【阪神】岡田新監督 中野拓夢について「四球もそうだが、3割目指してほしいよな。おーん。」】の続きを読む


    来てくれ
    なんならそのままチームに残ってくれ

    1 jinjin ★ :2022/11/12(土) 14:15:28.86ID:tiBfvG8A9
    【阪神】岡田彰布監督 05年V戦士の赤星憲広氏と鳥谷敬氏を来春キャンプ臨時コーチで招へいへ


    阪神・岡田彰布監督(64)が11日、球団OBの赤星憲広氏(46)と鳥谷敬氏(41)=ともに野球評論家=を来春キャンプに臨時コーチで招へいするプランを明かした。

    「赤星も鳥谷も来るよ。できれば(2月の)紅白戦が始まるまでに(コーチを)してくれ、言うたんや」と既に自ら教え子に連絡したという。
    日程の都合で断念する可能性も残すが、第1次岡田政権下(2004~08年)の05年V戦士の集結は夢が膨らむ。


    赤星氏は01年から5年連続盗塁王に輝いた卓越した走塁技術の持ち主だ。

    今春は日本ハムで臨時コーチを務めており、「日ハム行くんやったら、こっちこいや」と虎では12年以来となる同コーチでの招集をかけた。

    鳥谷氏も通算2099安打を誇り、5度のゴールデン・グラブ賞を獲得した名遊撃手。故障にも強い。
    「来るだけでええ」と早大の後輩の阪神退団後、4年ぶりの“タテジマ復帰”を心待ちにした。


    2軍キャンプ地も1軍と同じ沖縄に移転するだけに、両者に若虎の指導まで望んだ指揮官。
    「やっぱり、(優勝経験者の指導は)そら違うよ」。

    赤星氏、鳥谷氏はともに生え抜きスターの幹部候補生。
    「指導者の育成」という面でも、岡田監督にかかる期待は大きい。


    https://news.yahoo.co.jp/articles/7d3a5655319f22cc0f9de4c746618e5d804dfdfa

    【【朗報】岡田監督が明言 日程次第では来春キャンプでOB赤星と鳥谷を臨時コーチとして招聘へ】の続きを読む


    これは嬉しい

    1 首都圏の虎 ★ :2022/11/08(火) 12:19:16.04 ID:ql48Sr9J9.net
     今年8月に海外フリーエージェント(FA)権を取得した阪神・西勇輝投手(31)が残留の意思を固めたことが7日、わかった。この日、西宮市内の球団事務所を訪れ、海外FA権を行使する意思を通知して、申請書類を提出。両リーグの複数球団が獲得への本格調査に乗り出していた中、権利を放棄する異例の「宣言残留」という男気の決断を下した。通算110勝右腕が、悲願のV奪回へ向けて15年目の来季シーズンに臨む。

    来季の去就が注目されていた西勇が重大な決断を下した。この日、保有する海外FA権を行使する意思を、球団に通知して申請書類を提出。熟考の末に選択した道は権利を放棄して残留する異例の「宣言残留」だった。来季も猛虎の一員として悲願達成を目指す熱い思いを明かした。

     「気持ちは固まりました。阪神で優勝したい。いろいろ考えた中で、その思いが一番強く、最後まで心に残った。阪神で(野球人生を)終わる覚悟でいるので、権利を持っておく必要もない。そのために行使しました」

     阪神移籍4年目の今季も開幕から最後までローテーションを守り抜いた。先発として、チーム最多の24試合に登板した青柳に次ぐ23試合に登板。レギュラーシーズンでは9勝9敗ながら、防御率2・18はリーグ2位を誇った。完封数もリーグ最多タイの2回。「イニングイーター」の愛称にふさわしいフル回転ぶりで148回1/3を投げるなど5年連続で規定投球回数に到達。V奪回は逃したものの、投手陣の中心としてチームを支えた。

     数字が証明するようにプロ14年目の今季も抜群の安定感は健在だった。その姿を阪神以外の球団も高く評価。11月10日には32歳となるものの年齢も若く、シーズン中から両リーグの複数球団が本格調査を進めていた。権利を行使すれば複数球団が獲得に乗り出すことは確実視されていたが、一方で阪神も流出阻止へ向けて残留交渉では全力で慰留。正式な契約合意には至っていないものの他球団とは交渉せず、残留する意向を固めた。

     「球団からは条件ではなく熱い思いを伝えていただいた。とにかく(交渉役の)嶌村(球団)本部長、(査定担当の)横谷さんらの存在が大きかった。当時、矢野監督だったから阪神にきた。監督が代わってもやるべきことは変わらない」

     18年オフに当時の矢野監督からラブコールを受けて阪神移籍を決断した。球団、そして前指揮官への恩返しは道半ば。その意思を権利放棄という形に変えた。残りの野球人生は、虎で全うする構え。チームでは現役最多の通算110勝を誇るベテランが悲願達成へ向けて右腕を振る。

     ▽西勇、18年のFA移籍 18年11月7日、オリックスに国内FA権の行使を表明。獲得に動いた阪神、ソフトバンク、DeNAに、残留を望むオリックスの4球団による争奪戦となった。12月7日、阪神と3度の交渉の末に移籍を決断。提示された4年総額10億円(金額は推定)はソフトバンクの4年総額15億円を下回ったが、西勇の“関西”へのこだわりと、3度目交渉に直接出馬した矢野監督の「ファンを喜ばせたい」の言葉が、第一の条件としてきた“誠意”と合致したのが決め手だった。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/febef20114a7ca027dc8802152907b25d2f04d62

    【【朗報】阪神 西勇輝が残留会見!後輩育成に尽力へ「若い子とみんなで優勝したい」】の続きを読む

    このページのトップヘ