りょう@虎党

主に阪神タイガースの試合情報、
気になる情報、面白ネタを掲載しています。
たまに阪神以外のものも載せますが、
ぜひご覧ください。


    おめでとう!!

    1 鉄チーズ烏 ★ :2022/09/27(火) 21:34:14.93ID:CAP_USER9
    阪神   1 0 0  1 2 0  0 0 0 |4 
    ヤクルト 0 0 0  0 0 1  0 0 0 |1 

    【バッテリー】
    (阪)青柳、浜地、湯浅、岩崎 - 坂本
    (ヤ)高梨、星、田口、久保 - 内山壮

    【本塁打】
    (阪)中野5号(1回表ソロ)
    (ヤ)宮本1号(6回裏ソロ)
       
    試合結果:nikkansports.com/yahooスポナビ野球
    https://www.nikkansports.com/baseball/professional/score/2022/cl2022092708.html
    https://baseball.yahoo.co.jp/npb/game/2021011396/score

    明日の予告先発:
    (阪)伊藤 将司
    (ヤ)市川 悠太
    http://npb.jp/announcement/starter/

    【【阪神】同率3位浮上、青柳晃洋13勝目!! ランナー出す展開が続くも粘りのピッチング】の続きを読む


    【阪神】青柳晃洋 逆転CS +3冠へ「しっかり気持ちを入れる」


    勝ってくれ

    【【阪神】青柳晃洋 逆転CS +3冠へ「しっかり気持ちを入れる」】の続きを読む


    阪神次期監督に岡田彰布氏が15年ぶり再登板

    (出典:Yahoo!ニュース オリジナル THE PAGE)


    これは楽しみ

    1 冬月記者 ★ :2022/09/27(火) 04:19:39.96ID:CAP_USER9
    https://news.yahoo.co.jp/articles/d2feeb781ccfa0e3dccbc1fce677b6ce47d554a8

    阪神新監督に岡田彰布氏内定 〝教え子〟藤川球児SA、鳥谷敬氏、今岡真訪氏の入閣も検討


     阪神の次期監督に、元監督の岡田彰布氏(64)が内定したことが26日、分かった。レギュラーシーズン終了後に正式に発表される見通しだ。

     キャンプイン前日の1月31日に、矢野燿大監督(53)が今季限りでの退任を表明。次期監督が注目されていたが、2005年にリーグ優勝に導き、在任5年で4度のAクラス入りを果たした同氏に白羽の矢が立った。

     2023年、18年ぶりのリーグ優勝を目指す新生タイガースの指揮官が内定した。OBで元監督の岡田彰布氏。在任5年間でAクラス4度、05年にはチームを最後の優勝に導いた手腕に、V奪回を託す。

     異例ずくめで幕を開けた今年。キャンプイン前日の1月31日に、就任4年目の矢野監督が今季限りでの退任を表明した。前代未聞の状況で開幕を迎え、そこからリーグワースト記録となる9連敗。1勝15敗1分の勝率・063と、歴史的なつまずきを見せた。

     その後、巻き返してオールスター前に借金を完済したが、後半戦もなかなか勝ちきれず、17年連続のV逸が決まった。26日現在、3試合を残して66勝71敗3分の4位タイでシーズンの負け越しも決定。クライマックスシリーズ(CS)出場へ向けて、3位巨人、4位で並ぶ広島と熾烈な争いをしている。

     
     水面下で球団が次期監督を選定する中で、白羽の矢が立ったのが、岡田氏だ。1980年、6球団競合の末に相思相愛が実って、早大からドラフト1位で阪神に入団。1年目から新人王を獲得するなど中心選手として活躍し、85年には球団初の日本一に貢献した。95年にオリックスで引退した後は、オリックスのコーチや阪神の2軍監督などを歴任し、2003年に1軍内野守備走塁コーチへ。

     同年に星野仙一監督の下、18年ぶりのリーグ優勝を果たし、04年から阪神の第30代監督に就任した。七回に藤川球児、八回にジェフ・ウィリアムス、九回に久保田智之という勝利の方程式「JFK」を構築。05年にチームを頂点に導いた。

     今季の阪神は、ここまでリーグトップのチーム防御率2・70を誇りながら、同ワーストの84失策と永年の課題が解消されず。チーム打率・244も同ワーストタイと得点力不足に悩まされている。ただ佐藤輝や大山、近本、中野ら野手には20代が多く、投手も湯浅や浜地らが急成長。

     藤原オーナーが次期監督の理想像として「継承」を掲げてきたように、育成路線は着実な成果を見せている。後はそれをしっかり継承しながら、チームがうまくかみ合えば、必ず頂点にたどり着けるはず。そのために、経験豊富な手腕に託す。

     岡田氏の就任が正式決定すれば、〝教え子〟の今岡真訪氏(48)や鳥谷敬氏(41)、現阪神SAの藤川球児氏(42)らの入閣も検討されるとみられる。新生タイガースがもうすぐ、産声を上げる。

    【 【速報】阪神次期監督に岡田彰布氏が内定か 実現すれば15年ぶり 教え子の藤川球児氏、今岡真訪氏、鳥谷敬氏らの加入もなるか】の続きを読む

    このページのトップヘ